記帳代行料金

当税理士事務所では、記帳が苦手な方又は不安な方へは、その都度「記帳指導」をさせていただいておりますが、なかには次のような方もいらっしゃいます。

 他の業務が繁忙で、記帳を行う時間がない。

 営業に専念したい

 記帳からすべて税理士に頼みたい

上記のようなお客様のニーズに応えるため、当税理士事務所では、「記帳代行サービス」も兼ねております。 

 

記帳代行料金につきましては、お客様とご相談のうえ、ご検討させて頂きます。 

 

会社設立サービス →

個人開業サービス →

 

料金表(法人) →

料金表(個人) →

記帳代行のメリット・デメリット

記帳代行サービスのメリット

@ 貴重な時間を煩雑な業務から解放され、他の業務のスピードアップが図れる。

A 新たに経理担当者を雇うことを考えると、大幅なコストダウンが図れる。

B 毎年改正される税制に対応した、税務上の正しい処理が行える。


記帳代行サービスのデメリット

@ 自社で記帳していた場合と比較すると、損益管理のスピードが遅くなる

A 自社で記帳していた場合と比較すると、税理士に対する新たな費用が発生する。


上記をご確認のうえ、検討されることをおすすめいたします。

記帳代行の流れ

1. 送付資料のご用意

 

@ 売上に関する資料(請求書、売上集計表、売掛帳など)
A 仕入・経費に関する資料(請求書、領収書、買掛帳など)
B 通帳のコピー
C 給与明細
D その他記帳するために必要な書類

 

* 請求書・領収書をみただけではその内容が判別できない場合は、その内容を鉛筆
   でご記入をお願いします。

 

* 通帳ののコピーをみただけではその内容が判別できない場合は、その内容の記載
   をお願いします。

2. 資料の送付

当事務所まで、書留または宅配便での送付をお願いします。

3. 記帳業務

お預かりした資料に基づき、記帳を行います。

不明な箇所又は資料の不足がある場合、メールや電話等でご確認させていただきます。

4. 業務完了

業務完了後、月次試算表等を送付いたします。

お問合せフォーム

お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
会社名・屋号(任意)

(例:山田商事株式会社)
連絡先TEL(任意)

(例:123-456-7890)
半角でお願いします。
郵便番号(必須)

(例:123-4567)
半角でお願いします。
地域(必須)

お問合せ内容(必須)

ご希望の連絡方法(必須)
メール
電話 (連絡先TELの入力をお願いします。)
ご質問はこちらへどうぞ
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。