創立費と開業費

創立費とは、設立登記のために支出する登録免許税等その他法人設立のために支出する費用でその法人が負担すべきものをいいます。

開業費とは、法人の設立後事業を開始するまでの間に開業準備のために特別に支出する費用をいいます。

ここで、開業費の「特別に支出する費用」とは次のように取り扱われています。

 該当  開業準備のために特別に支出した広告宣伝費、接待費、旅費、調査費等
 非該当  支払利子、使用人の給料、借家料、電気・ガス・水道料金等の経常的な費用

つまり、開業準備のために支出した費用のすべてが開業費とはならないので注意が必要です。

又、創立費用も開業費も費用処理するのが原則ですが、繰延資産として計上することもできます。その場合、償却方法が会計指針と法人税法では異なっています。

 会計指針  5年内の均等償却(月割)
 法人税法  任意償却


法人税法でいけば、赤字のときは経費として計上せず、黒字のときは全額を経費に計上することもできます。

一番のポイントは、会社の設立前であっても会社の負担に帰すべき費用は会社の経費となることです。領収書等はきちんと保存しておきましょう。