会社設立フローチャート・用意するもの

会社設立フローチャート

 

 無料相談ご希望の方
 ↓ 
 無料相談会(ご質問・ご相談をお聞かせ下さい)
  
 会社設立をお申し込みの方
 ↓ 
 打ち合わせ会(定款基本事項の決定)
(お客様の流れ)  (当事務所等の流れ)
 ↓   
 会社実印作成・印鑑証明書取得  ↓ 
   
 ↓   定款の作成
   
 実印押印作業  ↓ 
   
 ↓   定款認証
   
 出資金の払込  ↓ 
   
 ↓   登記申請書作成
   
 実印押印作業  ↓ 
   
   登記申請書提出
 ↓   ↓ 
   登記完了
   
 預金口座開設 ↓ 
   
  税務署等各種届出書作成・提出 

 


 

用意するもの

  

@ 個人の印鑑証明書 

 

個人の印鑑証明書が下記のとおり必要です。
印鑑証明書は市町村役場にて発行してもらいます。

 条 件  通 数
 発起人のみになられる方  1 通
 取締役のみになられる方  1 通
 発起人かつ取締役になられる方  2 通

印鑑証明書の有効期限は、発行から3か月以内です。

  


 

A 個人の実印

 

発起人と取締役になられる方の実印が必要です。

市町村役場で発行された印鑑証明書と合致しているか、チェックしておきましょう。

 


 

B 会社の実印

 

法務局に登録する印鑑を作成する必要があります。

インターネット上のホームページやお近くのはんこ屋さんにいけば、会社実印・会社銀行印・会社角印の揃った「会社設立セット」が売られていますので、安価なもので結構ですので用意しましょう。

ただし、会社名については類似商号にひっかからないようにして下さい。
登記できない場合、再度作成する必要がでてきます。

 


 

C 発起人の通帳 

 

定款認証がおわると、各発起人(出資者)の出資金額を発起人代表者(出資者)の個人名義口座へ振り込む作業をしていただきます。

通帳は、既に使用しているもので結構です。

個人名義口座の代表者も含めた出資者全員が、「預入」でなく必ず「振込」でおこないましょう。

出資者全員が出資したことを客観的に証明するために、通帳に出資者の名前を記載させる必要があります。